ライル&スコット Richard Martin来日

“Lyle&Scott” クリエイティブ・ディレクター Richard Martin来日

LYLE&SCOTT Richard Martin氏 来日

LYLE&SCOTT(ライル&スコット)のクリエイティブ・ディレクター、Richard Martin氏が来日致しました。

設立は1874年。ブランド名は2人の創設者に由来するもので、本拠地はスコットランド南部に位置するホーウィックという町。
英国のニットブランドの中でもいち早くファッション性を打ち出していたニットブランドです。

そして60 年代に入ると、トップゴルファーがこぞってライル&スコットのウェアを着始める。
そして1975年には、英国王室からロイヤルワラントが授与され、名実ともに英国を代表するニットブランドとなった。

今季はJonathan Saunders(ジョナサン・サンダース)との新しいコラボレーションをロンドンコレクションで発表。

今回のコラボランウェイショーについて「伝統に敬意を払いつつ、新しい風を吹き込こんで進化していきたい」と話している。
あらゆる面で次々とイノベーションの波を起こしていく”LYLE&SCOTT”をご期待ください。

<Richard Martin>

英国バーミンガム出身。

デザイン学校卒業後ハロッズに入社後マーケティングとPRに携わる。
フレッドペリーにてマーケティングディレクターを10年間にわたって務める。
その後、ライル&スコットの主軸であるライン、「ライル&スコット ヴィンテージ」の
クリエイティブ・ディレクターに就任。

Pin It

Comments are closed.